FC2ブログ
 

クリスマス市のグリューワイン

はじめに

いらっしゃいませ。
当ブログは主に聖書・キリスト教の聖人伝などをもとにした、管理人の創作小説を取り扱っております。
あくまで個人の趣味の範疇であり、各宗教団体・教会とは一切の関係はありません。また、特定の宗教を中傷・批判するための作品でもないことをご理解ください。

また、管理人はユダヤ教・キリスト教の正式な信者ではありません。

なお、小説には軽度の暴力表現、性表現、女性向け表現などが含まれます。大丈夫な方のみ閲覧ください。

【目次】

《Mystery plays 聖史劇》
本編です。
《番外編》
本編の番外編です。

《その他》
本編とは別に書いた小説です。聖書を題材にはしていますが、本編とのつながりはありません。



スポンサーサイト

PageTop

Mystery plays 聖史劇

《Mystery plays 聖史劇》


○feat: Eve
プロローグ 第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話
第八話 第九話 第十話 第十一話

○feat: Deborah
(2017年5月7日 リメイクしました)
第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話
第九話 (完結)

○feat: Jephthah
第一話 第二話

○feat: Samson
(2017年11月8日、一部設定などを変更し多少リメイクしました)
第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話
第九話 第十話 第十一話 第十二話 第十三話 第十四話 第十五話 (完結)

○feat: Samuel
第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話
第九話 第十話 第十一話 第十二話 第十三話 第十四話 第十五話
第十六話 第十七話 第十八話 (完結)

○feat: Solomon
《第一章》
プロローグ 第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 
第八話
 第九話 第十話 第十一話 第十二話 第十三話 第十四話
《第二章》
第十五話 第十六話 第十七話 第十八話 第十九話 第二十話 第二十一話
第二十二話 第二十三話 第二十四話 第二十五話 第二十六話 第二十七話
第二十八話 第二十九話 第三十話 第三十一話 第三十二話 第三十三話
第三十四話 第三十五話 第三十六話 第三十七話 第三十八話 第三十九話
《第三章》
第四十話 第四十一話 第四十二話 第四十三話 第四十四話 第四十五話
第四十六話 第四十七話 第四十八話 第四十九話 第五十話 第五十一話
第五十二話 第五十三話 第五十四話
《第四章》
第五十五話 第五十六話 第五十七話 第五十八話 第五十九話 第六十話
第六十一話 第六十二話 第六十三話 第六十四話 第六十五話 第六十六話
第六十七話 第六十八話 第六十九話 第七十話 第七十一話 第七十二話
第七十三話 第七十四話 第七十五話 第七十六話 第七十七話 第七十八話
第七十九話 第八十話 第八十一話 第八十二話 第八十三話 第八十四話
第八十五話 
《第五章》
第八十六話 第八十七話 第八十八話 第八十九話 第九十話 第九十一話
第九十二話 第九十三話 第九十四話 第九十五話 第九十六話 第九十七話
第九十八話 第九十九話 第百話 第百一話 第百二話 第百三話 第百四話 
第百五話 エピローグ (完結)

○feat: Elijah
第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話
第九話 第十話 第十一話 第十二話 第十三話 第十四話 第十五話 
第十六話 第十七話 第十八話 第十九話 第二十話 第二十一話 
第二十二話 第二十三話 (完結)

○feat: Judith
第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話
第九話 第十話 (完結)

○feat: Mary and Joseph
第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話
第九話 第十話 第十一話 第十二話 第十三話 第十四話 第十五話
第十六話 第十七話 第十八話 第十九話 第二十話 第二十一話
第二十二話 第二十三話 第二十四話 (完結)

PageTop

番外編

《番外編》

「Mystery plays」の番外編です。

○ニコール・オブリー
コミティア118で頒布した同人誌の再録です。
16世紀フランスの「ランの奇跡」と呼ばれる悪魔祓いの事件が題材です。

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話
第九話 第十話 第十一話 (完結)


PageTop

その他

《その他》

○美女ヘレネ
大学のサークルの同人誌に投稿した小説。
多少の暴力表現がありますので苦手な方はご注意ください。
第一話   第二話   第三話   第四話 
第五話   第六話   第七話   第八話
第九話   第十話   第十一話  (完結)

○預言者ナタンの懺悔
同じく、サークルの同人誌に投降した小説。
お題が「きわどい内容のもの」だったので、ご注意ください。
(ソロモン王を題材にしていますが、『Mystery Plays:feat;Solomon』とは全くの別物です)
第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 (完結)

○ブラック・マドンナ
2017年7月の「世界史創作企画」様の「夏の世界史創作祭り」のため書いた作品。
お題は「自由」。20世紀、共産主義政権下のポーランドで起こった事件と、聖母マリア伝説を題材としています。
第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話
第八話 第九話 第十話 (完結)

○The Princess of Sheba  (R-18)
同人誌再録。
かなり露骨な性的描写が複数あるのでR-18をつけさせていただきます。
題材はソロモン王とシバの女王……のはずなのですが大分派手に原典を改変しまくってます。
第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話
第九話 第十話 第十一話 第十二話 第十三話 第十四話 (完結)


PageTop

Mystery Plays feat: Samuel 18話


アマレク人との戦は、大勝に終わった。
それなのにサウル王は心を病んでしまったかのように、無気力になり寝込んでしまった。激しいショックを受けたように。
睡眠も、食事も、思うとおりに取れない王の姿は彼のその美貌に反して、非常にみじめであった。

サムエルはしばらくサウルと顔を合わせないまま、ギブアに与えられた家で考え込んでいた。
神は、なんと告げたか。
イスラエルに、新しい王が立つ?サウルがイスラエル王ではなくなるということか?
確かにせんだっては怒りに任せ、サウルなど王にふさわしくない、と一瞬でも思ってしまった。だがいざ神にそう言われると、そんな心は全く自分の本心そのものではなかったようにも思える。
ありていに言えば、少しサウルに強い言葉を投げかけ、灸を据えてやりたかっただけなのだ。本当に彼が王座から降りることなど、まったく望んでもいない。王は、サウルにこそふさわしいのだ。
本気にしたのか、彼は寝込んでしまったと聞く。そう聞けばいじらしいものだ。こんなはずではない。神は、何を望まれたのだ?神は本当に、彼の行いに腹を立ててしまったのか?
しかも、彼をさらに悩ませるものが二つほどあった。
一つは、神の言葉。神の言葉は今までサムエルにそれほどの頻度で臨んだことがないほど、頻繁に、はっきりと聞こえた。サムエルが長く家にこもればこもるほど、頻度を増すように。
「いつまで、サウルのことで嘆くのか。新しい王の場所をお前に示す。清め油を持ち、その王のもとへ行け」
主はなぜ、こう厳しいのだ?主が自分に今まで、ここまで厳しくあったことなどない。確かにサウルは、主を裏切った。神の言葉などわかりもしない若い者たちのいうままに。自分とて、それが憎い。今でも思い出せば、許せる気もしない。だがしかしそのうえでも、神は自分とサウルの間にある絆を知らないわけでは無かろうに。今でも鮮明に思い出せる。サウルに出会ったその瞬間は。
なにも、見えなかった。人がすべてのっぺらぼうに映っていた。その世界を、彼の光輝く美貌がすべて変えたのだ。神が何もない混沌から、まず光を生み出すことでこの世を作ったように。
主はなぜ、せかす。サウル以上に美しい男など、いなかった。サウルよりふさわしい王など、存在するわけもなかろう。
だが一方で、その核心についてもう一つ、引っかかることがある。それこそが二つ目の事。
自分がサウルに感じた違和感。あの違和感は、なんなのだろう。それがしこりのように、サムエルの心に残り続けた。

王宮に関する情報は、ナタン経由で入ってきた。王の容体は悪くなる一方。体には異常はないのだが、とにかく精神が不安定になっているということだ。
そして、サムエルに会うことを望み続けているという。どうすべきか。サムエルは、考え込んだ。だがどう考えようと、行かねばならぬだろう、という結論に至った。神の言葉を伝えるにしても、サウルを励ましに行くにしても。
ようやく彼は重い腰を上げ、王宮へ向かった。

王宮でサムエルを出迎えたのは、アキトフェルだった。相変わらず黒一色の衣装で、「おや、サムエル様、お久しぶりで」と相変わらず皮肉っぽく言ってきた。
「……サウルの容体は?」
「よくありませんな。麻酔薬を飲ませてようやく眠れる程度ですよ。お体のほうも悪くなるのは、時間の問題でしょう」
彼は淡々と現状を述べたのち「まあ、続きは……あなた次第ですかね」と言ってきた。この男は自分たちの関係を感づいているのだと、サムエルにもわかっていた。だからこそ、不愉快な面もあった。
案内されるがままにサムエルは王宮を歩き、やがてサウルの寝室の前に着いた。アキトフェルがいなくなったのを見届けて「サウル」とカーテン越しに、彼は聞いた。
「サムエル?」
聞き覚えのある声。
「サムエル……来てくれたのか?」
カーテンの向こうで、サウルは喜んでいた。サムエルの、唯一無二の恋人は。サムエルはその声にこたえるように、カーテンを開けた。

そしてその時、彼には疑問のすべてが、分かったような気がした。
そうか。なるほど、自分が違和感を覚えたわけだ。なるほど、なるほど。こんな男では確かに、王にふさわしくもない。目の前で自分の来訪に目を輝かせるサウルとは裏腹に、サムエルは自分の目がとらえた光景を見て、サウルへの心配が、波のように引けていくのを感じた。
いつから、気が付いていなかったのだろう。ここ十数年、ずっとサムエルといたその目が、彼の変化への気づきを鈍らせていたのか。
サウルは、老いていた。肌からは血色も張りもなくなり、少しばかり白髪が生え、気づけばしわも増えていた。
そしてここ数日の気の病が、さらにそれに拍車をかけていた。不健康に癒せ、つややかだった髪はぼさぼさと絡まり、目の輝きも今や涼やかというよりもギラギラ、というほうが正しい。そしてその目は、深いクマに覆われていた。
彼はいつの間にか、美しくなくなってきた。
自分と会った時の世界の見え方すらも変えるほどの美貌が、とうに衰えていた。

サムエルは自分の気持ちが、すっと冷めるのを感じた。思い出の中に張り付くサウルの姿すらも、目の前のものと比べてしまえば、哀れにすら思える。
彼を見た時、本当に美しいと思ったのだ。これほどまでに美しければイスラエルに王にふさわしかろうと思ったのだ。今の彼からは、それが失せた。
いや、同年代の中年男性と比べれば、彼はこうもやせ衰えてなお、美しかろう。しかしそれが何だというのだ。本来美しくないものと並べて勝ったとて、何になる。サウルはそのような土俵に立つことすらなかったのだ。それがそのレベルまで落ちてきた、その時点でもはや彼の美しさの意義は、完全に消え失せたも同じなのだ。
彼の王権とは、彼の美に結びついていた。自分はそう信じてきたのだ、神に選ばれたこの自分が。だから、そうに違いない。
その彼から、美が消え去った。ならば、当然だ。王でなくなるのも、当然だ。
目の前にいるのはただの男。ただの男であるくせに、神の命に背いた愚か者でしかない。
ならば自分の伝えることなどもはや、ただ一つだけなのだ。

「サムエル」
すがるように伸ばされた手は、弱弱しかった。だがサムエルはそれを握らずに「聞け、サウル」といった。
「主は言われた。主は、お前をイスラエルの王位から引きずり下ろすであろう」

その言葉に、サウルは「何?」と言い返した。

「聞いての通りだ。先日も私は、そう言ったはずだ」
だがそれに勝るとも劣らずサウルがおびえていたのが、サムエルの目つきであった。今までサムエルは一度も、自分にそんな冷たい目を向けたことなどなかった。いや、冷たいどころか、どうでもいい人間を見るような目つき。なぜだ、なぜサムエルがそんな目をする。自分を愛してくれたサムエルが。自分をかけがえのないものとしてくれたサムエルが、どうしてそんな有象無象を見る目で、自分を見る。
「唯一の神への反逆、高慢……それらは占術、偶像崇拝のごとく、異教の罪にも等しいものだ。お前は主の御言葉を退けた。それゆえ、王位から退けられるのみだ」
「サムエル……」サウルは一気に不安な表情になり、言う。「なぜ、そのような……確かに私は、罪を犯した。だが後悔している!そのための謝罪なら、いくらでもしよう!いくらでも罪を清める、サムエル、教えてくれ、私は何をすればいい!主のお怒りを鎮めるため……あなたの怒りを、鎮めるためには……」
ただでさえ不安定な精神が、一層激しく揺さぶられた。
「どうもできん」そしてその揺さぶりをかけたのは、今まで自分を支えてくれたサムエル自身なのだ。
「お前は王でもなくなった。もう、私もお前を手助けすることもあるまい。私は……新しい王のもとへ行き油を注げと、神に告げられた」
なぜ?なぜ、自分を絶望から救ってくれたサムエルに、再び絶望へと叩き落されねばならないのだろう。いや、自分がいた絶望ですらない。ここは、もっと深い。なにも希望がなかったあのころとは違う。自分は、サムエルへの愛を知ってしまった。もう、なにも信じられなかった、男娼のように自分の美をめでられればそれでよし、と思っていたころには戻れない。それなのに、この喜びを教えてくれたサウル本人から、自分は、その手を振りほどかれた。
「なんだって……」サウルはあえいだ。
「そんな……そんな、こと!いやだ、行かないでくれ、サムエル!私が悪かった、私が愚かだった!もう誰の提言も聞かない、お前の言葉しか聞かないと誓う!」
サウルは必死で、取りすがった。だがサムエルにとってそれはもう、滑稽なものでしかなかった。なぜ、いい年をした男がわんわん泣いて取りすがるのだ。けがらわしい。あの自分が心から求めた恋人と同じ名前をしていることが不愉快なほどに。
「神の言葉は変わらん、サウル」サムエルは返答した。
「神はお前を、王にふさわしくないといわれた」
「なぜ……」震えるサウルの声、そして恐ろしいほど冷淡な、サムエルの声。
「私もなぜかは、知らされておらん。だが目には見えている。サウル……お前はもう、王にふさわしからぬ」
「私が、神の言いつけを破ったからか……」
「お前はもう、美しくない」
サムエルは自分の本心中の本心を、彼にぶつけた。
「お前にもう、輝きはない。お前が、王であれるものか」
その言葉を聞き、サウルはぼうっとした顔で、そっと自分の頬を撫でた。ひどく乾いた、冷たい頬。サムエルと出会った時のみずみずしさは、とうに消え失せていた。そしてその手も痩せて節くれだち、爪は乾燥しきっていた。
サウルは、ガタガタと震えた。サムエルは踵を返し「それでは、さらばだ」と告げた。最後まで、怒っているような声で。
「いやだ……」
サウルは細い手を伸ばした。その手がサムエルの上着をがしりとつかむ。
「いかないでくれ、お願いだ……あなた、あなたなしでは、私は……」
その時。
もろい生地でもないはずの上着が、音を立てて裂けた。
老いたサムエルにも、弱ったサウルにも、それほどの力は残っていなかったはず。何の力が、働いたのだろう。サウルの着ていた祭司の上着は、まるで神の意志を体現するかのように、簡単に破れ、切れ端をサウルの手の中に残したのだ。
もはや、それが最後であった。サムエルは一瞥のみくれて、速足でサウルのもとを過ぎ去っていった。
「なぜ……?美しくなくなった?私が……?そのため……そのため私は、神にも、あなたにも見捨てられると?」
サウルは茫然として、サムエルの残した上着の切れ端に話しかけた。涙がとめどなく、あふれた。ものをいうことすらも、苦しいほどに。だが訴えなくてはその苦しさは、自分の体、心すらも突き破ってしまうように思えた。

「どうして、どうして、あなたが……あなたが、私をこの立場においてくれたんじゃないか……!あなたが、私を、この世で初めて愛してくれたんじゃないか……!」
落ちていく。どこまでも。若い自分がいた時代すら、遠く、遠く天にそびえる楽園のようだ。
体が動かない。恨み言以外の声も、出てこない。なぜ、自分は今死なないのだろう。生者の中で、死に一番近いところにいるような気がする。
「イスラエルの王は私だ、あなたの隣にいるのは、私だけだ、そうだろう、サムエル……!」
切れ端は何も言わない。ただサウルの涙を吸い込み、色濃く変色し重くなっていくだけ。
「許すか……あなたが私以外のものを選ぶなど、絶対に、絶対に、許してなるものか……!私はあなただけのものだ、サムエル。だからあなたも、私以外のものになれるものか。神が許しても、この私が、イスラエル王サウルが、絶対に許してなるものか……!」
心から気力のすべてが抜け落ちていく。それにすらとどまらない空虚な感覚が、体をむしばむ。体の中が空っぽになってしまったかのようだ。まるで臓腑がすっかり抜き取られてしまったかのように、サウルは、自分の体にはもう何もないような気がした。

その様子を、カーテンの外からアキトフェルが聴いていた。もっと言うなら彼は、最初から最後まで全部盗み聞きしていた。
なるほど。神の意志など人間にはわからない。だから自分の思いも、推測に過ぎない。そうよく自覚したうえで。アキトフェルはなるほど、神も王を変えたがるわけだ、と思った。サムエルの言葉はただの脅しでなく本当に神の意志なのだろう、と思えていた。
サムエルはサウルがサウルという一人の人間である以上に、自分の理想の美青年としてずっとあってほしかったのだ。そしてそれが叶わないとなると理不尽に八つ当たりして、サウルを傷つける。傷つけて、自分のそばに繋ぎとめておきたがる。そしてそんなサウルに関してもサムエルにすっかり心酔してしまって、彼に気にいられないことには、もはや人生の終わりすらも告げんばかりのことなのだ。
それでも若いころはまだよかった。まだうまく、双方の望みがかみ合っていた。だがサウルはこれからどんどん、年を取る。サムエルの理想から放っているだけでも、離れていく。ただでさえこんな不健康な関係が国を引っ張っていくのも危ういのに、もうこれからはどんどん破綻してくだろう。サムエルが死ぬまで。そしてそれでもサムエルが死ねば、サウルはこの上なく落胆するだろう。神が本当にこう考えているかは知らない。だが少なくとも自分が神なら、あんな二人は絶対に引き離す。
知っている。賢い自分は、何でも知っている。知りたいことを調べる方法など、無限にある。自分が生まれるよりずっと昔、ベニヤミン族が残虐極まる事件を起こしたことも、しかしそのベニヤミンの実行犯は、「あのレビ人だって、自分助かりたさに妻を俺たちのもとに身代わりにしたんだ」と言っていたことも、そのレビ人とはサムエルの父であったことも。そしてサムエルの息子たちはとんだろくでなしで、賄賂を受け取り受け取った金で女たちを脅し、思いのままにするような者たちであったということも、全部、知っている。
さすがは、そんな父から産まれ、そんな子供を産んだことだけある。サムエル。彼の名は「神」。ずいぶんたいそうな名前を付けたものだ。彼が生まれた時彼の母は、どれほどまでの期待をかけたというのか。
自分は神の言葉など聞かない。だが神を軽蔑したこともない。だからこそ思う。良くもそんな名前を名乗れたものだ。サウルの寝台から離れ去っていく彼、彼は一瞬、人の死体を食い荒らして巣に帰る、世にも醜くおぞましい、蝮の化け物に見えたのに。
サウルも、かわいそうなものだ。
はじめて彼を見た時の衝撃を、今でもよく覚えている。戦場をかける紅顔の美青年が本当に、信じられないほど美しいと思い、炎に惹かれる蛾のように、彼の天幕までついていった。そして天幕の中に明かりがともっているのがわかり、その中を覗き込んだのだ。
今でも、覚えている。美青年の体をまさぐる、老人の姿。それは全く対照的であった。醜が美をもとめ、浅ましいほどにのたうち回って自分とは似ても似つかぬその体を汚していた。
「本当に、哀れなサウル様」アキトフェルはつぶやいた。サウルの嘆きに隠れるように、そっと。
「あれほど綺麗だったのに。あれほど素敵な人だったのに、あんな因業爺に引っかかって、最後にはバラバラに壊されてしまったなんて」

それにしても、疑問が一つ。
サムエルが士師へ任ぜられたとき、彼の師エリの遺書には、「自分たちよりも優れた、だれよりも神に忠実な祭司を、神が選ばれる」とあったのだ。そしてそれはずっと、サムエルの事であると思われてきた。
しかし、あのような存在に成り下がった彼が、果たしてそう言われるだけの器であったのだろうか。
サウルを王としたのを後悔しているように、神はその発言をも今や後悔しているだろうか。かつて最高の祭司の器に選んだサムエルの変貌ぶりを、嘆いているだろうか。
それとも……それとももしかすると、あの言葉は、誰よりも神に忠実な祭司とは、サムエルのことではなかったのかもしれない。
では、いったい誰だろう。彼はいつ、イスラエルに舞い降りるのだろう。


それからさらに数十日がたった。サムエルはギブアを離れ、またラマに住んだ。王宮のサウルは本格的に気を病んでしまい、家臣にも手が付けられない状況だと聞く。だが、彼にとって醜くなってしまったサウルなど、どうでもよかった。
自分が初めて愛したあの美青年は、どこへ消えた。自分がイスラエルの王と信じた彼は、どこにいるのだ。サムエルは数日嘆いていたが、そんな彼にやがて神の言葉が下りた。
「いつまでサウルのことを嘆くのか。行け、ベツレヘムへ。そこに、王となるものがいる。油を注ぐものがいる」


言われるままにサムエルは、清め油をもってベツレヘムまで旅をした。ベツレヘムはさすがの牧羊地帯だ。羊の鳴き声が耳障りなほどに聞こえる。
だが、このような田舎に本当にいるのだろうか、サウルに勝る存在が。若い時の彼よりも輝かしく、イスラエルの王となりうるような存在が……。

その時、彼の真横を、一人の少年が歩きぬけた。竪琴をかき鳴らして羊を先導する、羊飼いの少年。
その気配を感じた時、サムエルは思わず、振り返った。先ほど彼がいたところには、羊の群れがぞろぞろと通り過ぎていく。彼は先ほどまでサムエルが上ってきた坂を下り、姿は見えなくなっていた。
だが、サムエルにははっきりと感じられた。ただの一瞬すれ違った少年。顔すらも、よく見えなかった。彼は、何者でもないかもしれない。自分が油を注ぎに来た者では、ないかもしれない。
だが、その彼は、若き日のサウル以上の美少年だった。人間の中で至高かという美貌を持っていた彼以上に、本当に、人ならざるものとすれ違ったのかと思うほど。
ベツレヘムの丘の上、風が吹きつけた。その少年はまさに風に舞う夏の花の花弁のように、滑らかな竪琴の調べと一緒に、ふわりとサムエルの横を通り過ぎていったのだ。



(Mystery Plays feat: David へ続く)

PageTop